2012年05月24日

おめでとうゴザイマス!!!

P5242061.JPG

P5242059.JPG

P5242050.JPG

気持ちの良い 初夏を思わせるような 清々しい 1日 な小樽です!

6月のイベント出展に出品するガラスを大量に作らなきゃならないし、
7月のがらす市の実行委員の仕事は沢山あるし、
利尻病に侵されて(笑  超多忙な現実に イッパイいっぱいなエスローっす…!

そんな中、嬉しいNEWSが届きました~!

エスローの仕事ぶりを ちょくちょく写真に収めてる写真家のF瀬さんが、
「第58回全国写真展覧会」にて入選されたそうです! パチパチパチ~!!!
なんでも 日本で1番権威のあるコンクールらしいです。

で、その写真展の入選作が 全国のあちこちで展覧されるとの事。

以下、F瀬さんからのメールです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

時々お邪魔して写真を撮らせていただいている 張碓のF瀬博敏(ふなせひろとし)です。
いつもご親切にしていただいてありがとうございます。

先日お電話させていただきました件で、詳細がわかりましたのでお知らせいたします。

日本写真文化協会の主催する(後援/文化庁)「第58回全国写真展覧会」で、
浅原さんの制作風景を写させて頂いた組写真「熱きグラスアート」が、
第3部「日本の暮らし・・・」部門の受賞作23作品のひとつに選ばれました。
同協会のホームページで、受賞作のすべての写真を一つ一つご覧いただけます。
作品は画面いっぱいに拡大出来るようになってもいます。
 http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/zenkoku3.html  

また、6月以降全国のギャラリーで巡回展が年内いっぱい行われます。
作品はジャンルに分かれています。
第1部「日本の自然」
第2部「日本の文化財」
第3部「日本の暮らし・風物・祭り・行事」
第4部「人物」
と4つの部門があり、わたしの作品は第3部になります。

作品の大きさは、例えばわたしの組作品ですと、0.5メートル×1メートルの台紙の中に、浅原さんの真剣で情熱いっぱいの表情や動きを含む大小6枚の写真で構成されています。
パソコンでご覧いただくのと全く違い、迫力があります。
浅原さんのグラスフアンや友人・知人の皆さんが全国に大勢おられると思いますので、お近くの会場の
ギャラリーでご覧いただけると喜ばれると思います。わたしも嬉しいです。。

展示の予定は次のとおりです。(入場無料)

平成24年6月20日〜27日  東京都美術館(東京・上野)
平成24年7月6日〜11日   富士フィルムフォトサロン札幌(札幌市中央区大通り西6 −1 富士フィルムビル1F 10-19:00)
平成24年7月19日〜24日[第1・2部] 富士フィルムフォトサロン仙台(仙台市・宮城野区) 
平成24年7月26日〜31日[第3・4部]   同 上 
平成24年8月9日〜15日  ポートレートギャラリー(東京・四谷・写真文化協会内) 
平成24年9月21日〜27日  富士フィルムフォトサロン(大阪市・中央区)
平成24年10月5日〜18日  富士フィルムフォトサロン(福岡市・博多区)
平成24年12月21日〜27日 富士フィルムフォトサロン名古屋(名古屋市・中区)

この展示スケジュールも同協会のホームページで確認できます。


最後になりましたが、小樽のルタオ本店の展望回廊3−4Fでわたしの写真を常設展示しています。
2012年6月からの1年間は「写真展『小樽の素顔20景』」とのタイトルで、写真(A4サイズ額)に短い散文がつきます。
浅原さんの吹きガラス制作風景(添付写真)を含む3枚(組写真)も展示させていただきたいと思いますのでどうぞご了承くださいますよう
よろしくお願いいたします。
<ご案内>
「写真展『小樽の素顔20景』」 撮影/ふなせひろとし
小樽洋菓子舗 ルタオ本店 展望回廊3−4F    
会場へはエレベーターで展望回廊4Fへ昇り、小樽の街の眺望を楽しみながら回廊の展示写真をお楽しみいただけます。
年中無休。入場無料。9−18:00
場所/小樽市堺町7番16号メルヘン交差点前。オルゴール堂向かい。JR南小樽駅から徒歩5分ほど。

それでは、これからも浅原さんのすばらしいグラスアートの魅力で日本中の方を愉しませてくださいますように。
少しすれば暑い時期になりますので、お体にもどうぞご留意されてご活躍ください。 感謝とともに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

凄い快挙ですね~! 

エスローで良ければ、いつでも被写体になりますので、遠慮なく 遊びにいらしてクダサイ!

益々の御活躍を!!!


写真に興味がある方も無い方も、
エスローのガラス制作風景を見てみたい方や 見たくはない方も(笑
是非是非 お時間を作って 足を運んで見てください!!!

そして エスローは 今日も、ガラス吹いてマス!

P5242065.JPG
これからの季節に 風鈴ですね~!

P5242056.JPG
*これでも日陰にある温度計なんですよ(汗
posted by エスロー at 13:51| Comment(2) | other

2012年05月06日

KIRORO Final

前回の利尻記事 ちょっと大げさでしたかね?!(笑

利尻から戻った後も 登り&滑りの熱が冷めずですね(笑

4月15日(日) 今シーズン3回目の山。 
利尻を喰らった仲間 レオと一緒に余市岳へ。

キロロの朝イチ ゴンドラでいつもの仲間と一緒でした。
天気も良かったので山頂でパチリ。
P4151748.JPG
Have a good day~!

仲間と別れて 一路余市に向けて テクテク

P4151752.JPG
通称:飛行場から望む余市岳の尾根。

この尾根を登った、滑り出しポイントで。
P4151759.JPG
ドピーカン&無風で汗だく! &日焼け~!

先ずは、尾根の左側 南東斜面を1発!
P4151761.JPG
結構大きい斜面ですよ!
デッカク回って2ターン目で、ストップ雪のせいで板が詰まったり走ったり~!
かなり飛ばしてたので焦った~!

ボトムでレオから あんぱんの配給! 疲れてる時の甘いものっていいね!
レオ ありがと!

で、もう一度 登り返して 再びドロップポイントへ行き、
今度は北斜面を滑る!

P4151769.JPG
下から見るとこんなだけどさ。

遠くから見ると、結構デカイよ! *真ん中のラインね。

P4151771.JPG

おおよそ3時間半くらいの行程ですかね。
P4151774.JPG
駐車場に戻って御満悦ッス! (笑

1週間 バリバリ仕事して、また日曜日はスキーなんだな~!(笑

4月22日(日) 24回目の山。
先週も一緒だったレオと その連れのモリと一緒に ニセコ イワオヌプリへ。

道中で見えた蝦夷富士(羊蹄山)
P4221783.JPG
これまたデカイね! いつかはヤリたい!!!

P4221784.JPG
デカイのがアンヌプリ、その右がイワオ。

着いてみたら、天気は良いんだけど 強風~!

エッチラ登って山頂。 岩 出てるし! だからイワオなのか?!

P4221789.JPG

右にはアンヌプリの北斜面が見えるよ!

P4221792.JPG

山頂は 超強風! 4.0オーバー?!

P4221794.JPG

風をかわしたところで記念にパチリ。
P4221799.JPG

チャレンジするつもりだった 狭~い スティープなシュートは、
ドロップポイントが超強風で危ないので、
広~い 見通しの良いメインを滑りましたよ!

P4221801.JPG
レオ。

P4221804.JPG
モリ。

P4221806.JPG
気持ち良~く デッカ~く 滑れたね!

登り返して もう1本と思ったが、あまりの強風にてショボン。

下山途中で、かの有名な武田英樹さんとバッタリ!
P4221807.JPG
雑誌に載ってそうな華麗なグーフィー フロントサイドを撮れましたが、
ピンあまでした。残念。 でも カッコいいね~!

で、最寄?のここで ひとっ風呂! (笑

P4221809.JPG

レオ&モリ ありがと!

で、またまた1週間ガッツリ仕事して(笑、 日曜日にスキー!

いや、冬って 仕事とスキーしかしてないよね!(笑

4月29日(日) 25回目の山。
北海道NO.1 KIRORO SKI RESORT with いつもの仲間!

先ずはゴンドラに乗って グランドラインを一発かっ飛ばし~、
その後 長嶺のコブに~!
 
モーグル系で縦に落として滑る! に挑戦。
3本でギブっす。
*月・火の2日間、内腿・ケツ・背筋の激筋肉痛でした!

で、またまた1週間バタバタ仕事して(笑、 本日 キロロ最終営業日。

5月6日(日)  今シーズン26回目の山!
日本NO.1 KIRORO SKI RESORT with いつもの仲間!

道路は もう 雪 無いです!

P5061862.JPG

ゴンドラから見るベースも もう 雪 無いです!
SH3J0005.JPG

グランドライン脇も もう 雪 無いです!

SH3J0008.JPG

標高1300mの余市岳のテッペンも 雪 無いです!

SH3J0009.JPG
北斜面には 雪 あるね!

長嶺エリアが全クローズになったので、
A2エリアが開きました!

SH3J0010.JPG

晴天の中 気持ち良~く、

A2Bのコブを頂き~の、
A2Cの下半分をかっ飛ばし~の、
A2Aのコブを2本攻め~ので、完全燃焼!

最後 グランドラインをゆる~く かっ飛ばして、
今季のキロロでのスキーを終了させて頂きました!

駐車場に戻ると 直ぐ近くにこんなのが!!!

SH3J0012.JPG
カッコイイね!!!!
いつもの仲間 団長&藁ちゃんのWミサイルっす。(笑

SH3J0015.JPG

SH3J0016.JPG
助手席に板を載せて スキーに行くなんて シャレオツ~!

そーいえば、去年のちょうど同じ時期 5月5日の最後のスキーで
膝の靭帯やっちまったんだよね!
あれからちょうど1年か。

今シーズンも たくさん パウダー頂きましたな~!
レッスンでも 少しは お役に立てたかな。

今シーズン 御世話になりました!!!
また 来シーズンも宜しくお願いします!
posted by エスロー at 22:59| Comment(0) | pleasure

2012年04月20日

Amazing world!

"2012 RishiriCrow×328presents利尻セッション"

2日目。 4月12日(木)。

朝 起きてみると 威風堂々と姿を現した"利尻富士"!

P4121666.JPG

うわ〜、スゲ~!

P4121668.JPG

P4121670.JPG

あそこを滑るのか?!  
滑れるのか?!

もう 胸が高鳴りっぱなし~!

準備して、フェリーターミナルへ行き、
今日到着のセッションメンバーをPick up。
スキーヤー3名+ボーダー1名。

今日はスキーヤー率高いね~!

ロッジに戻り、到着組の準備を済ませ、昨日行ったベースポイントへ向かう。

P4121671.JPG

ここから、ヒロキさん(右の緑JKT)のモービルでベースポイントへ。

振り返れば 銀色に輝く海も見えるし!
P4121672.JPG

ベースポイントは ここ。
P4121676.JPG

かなりデカイ沢の奥深く。
正面には 神々しいピーク!
両サイドは 切り立ったシュートがずらり!

P4121674.JPG
直ぐ左側の斜面。 先に着いたヤツが登ってるよ。

P4121675.JPG
こちらは右側。

先ずは、左側の斜面からヤル。

登り開始。 結構な急斜面。
稜線に出ると強風。
P4121679.JPG
写真では 風は見えないですけどね(笑

ドロップポイントまで約1時間でした。

稜線から見た山頂方向。
P4121680.JPG
向かい側にも 美味しそうな ヤバそうなシュートがずらり。
なまらドキドキするよ~!

昨日の雨で雪はザラメ。
気温も低めなので割りと締まってるし、
写真見ても分かるけど ボコボコがそこらじゅうに転がってる、
ちょっとシビアなコンディション。


で、イキマシタ!
利尻岳 右斜面.jpg
*ヒロキさん撮影。

滑り終わった後、
自分の滑ったラインを見上げながら 放心状態(笑

P4121702.JPG
アドレナリン がっつり出たよ!!!

しばし余韻に浸るも、
次はどこヤル?って、
勝手にアタマが回り始めるし!

じゃあ 次は 右側イキマスカ!

P4121700.JPG
ここね! 

アミノバイタルチャージして(笑
またまた登り開始。

ツボで登ったんだけど、膝・スネが斜面につくくらいの急斜面。
登ってるだけでドキドキもんです!

稜線にでると 風がさらに強くなってて、姿勢を低くしないともってかれる!

さっき滑った向かい側のラインも見えるよ。
P4121686.JPG
中央チョイ右の抜けてるラインですよ。

P4121687.JPG
2本ラインがエスローのですね!

上で座ってるのは、
今回のセッションを企画した張本人で、
ヨコノリスト映像クリエーター"三ツ谷328しげはる"氏。
 
そうです! 彼は今回のセッションを映像におさめてるのです!

右側のドロップポイントから望むピーク
P4121690.JPG

P4121696.JPG
The God must be there!
間違いなく いるよね!

で、いざ ドロップイン!

面ツル+やや緩んだザラメ雪で メッチャ気持ちいい!!!

滑り終わった時には、 雄叫んでました! (笑
アドレナリン 出過ぎ!!!

そして放心。
利尻 左シュートをヤッタあとの.jpg
*ヒロキさん撮影。

これまでのSki lifeのなかで、1番スリリングな2本でした。

って言っても、今日滑ったのは 利尻岳の ほんのサワリなんですよね。(笑

まさに、神の懐で ちょこっとだけ遊ばせて貰いました!

P4121684.JPG
一緒に行ったKenちゃんは、1番沢奥からの1本を決めてたね!

今回の宿となった、ヒロキさんのロッジ。
P4121704.JPG

ヒロキさんがやってるお店、Mistral。
P4121706.JPG

フェリーターミナルから見える利尻富士
P4121710.JPG
デカイな~!

ヒロキさんと2ショット!
P4121712.JPG
エスローと同い年! 
オンナだったら惚れるような いいオトコです!

一緒に行った Kenちゃん
P4121715.JPG
Pureな感性で びっちり利尻を浴びてたね!

心地良い余韻と 溢れるくらいの超感動を胸に
フェリーに乗り込むと、

P4121718.JPG
分かち合った仲間達の 追い討ちをかけるような 見送り!

小樽に戻ってきて 初めて 自分の趣味だけの為に行けた1泊2日の旅。

利尻で出逢った 山・海・空・星・空気・音・風、
この機会を提供してくれた328氏、
このセッションをフルサポートしてくれたRishiri Crowことヒロキさん、
あのヤバイ瞬間を共有したセッションメンバー、

エスローの 五感で感じた 全てに 感謝!

エスロー 思いました!

"これからの 残り少ない Ski Lifeを 利尻に捧げます!"
"日ごろのスキーで精進して、必ず 利尻を滑りに来ます!"
"エスローのSki = 全ては 利尻を滑る為に!"

また 帰ってくるぜ 利尻!!!
P4121734.JPG

2日間留守を守ってくれたモユルも ありがとね!

この感動を共にしたKenちゃん、
オレ達ヤバイ経験しちゃったね!
&帰りの運転ありがとね!

不肖エスロー、○○歳にして すっかり ハマッちまいました (笑
posted by エスロー at 13:09| Comment(7) | pleasure

2012年04月18日

もゆる スクーターに乗る~!

雪も融けて バイクやチャリンコに乗れる季節がやってまいりマシタ~!

去年はチャリ乗りだった モユルが、
今年はバージョンアップ!

先月 スロッ○で大儲けした彼が、
人生初の大きな買い物"中古のスクーター"Get!

昨夜 納車となりました!

P4171776.JPG

見て この 嬉しそうな顔!!!

バイク屋さんから取説を受けて〜

P4171777.JPG

早速 初乗りに行きたかったけど、もう暗いので明日ね!

で、さっき 行ってきました~!

先ずは、敷地内で少し練習 (笑

そして、いざ 公道へ!!!!



風になったか〜い?!

戻ってきたモユル談:

ビビリビビリで…、
でも~、やっぱ 気持ちイイっすね~!!!
でも~、後ろにクルマが来たときはビビリますね〜 (笑
上のほうは信号もないし大丈夫ですね〜
上のほうになんか ホテルありましたよ〜 (笑
下のほうにも行ってみたいけど、交差点あるしな〜 (笑

いや〜、バイク楽しいっす!!! 最高っす!!!

分かるよ~ その気持ち!
エスローもバイク乗り(限定解除)ですから~。
(バイク持ってないけど)

あ~、オレも デカい バカっ速な バイク 乗りてぇ~!!!!
posted by エスロー at 10:17| Comment(0) | other

2012年04月17日

Great nature "Rishiri Island"

先週 水&木曜日に行ってきた、

"2012 RishiriCrow×328presents利尻セッション"

言葉で どう伝えていいか 分からないほどの感動。
今だ興奮冷めやらずデス。

火曜の夜 24時、
Bar BONZのKenちゃんと小樽を出発。

P4101595.JPG

Kenちゃんの男汁プンプンのカッコイイ クルマで、
稚内に向けて ひたすら日本海側の下道を北上。

車中では、
期待に胸が膨らんだ利尻ワクワクドキドキ話や、
利尻とは関係無い あんなことやこんなハナシで盛り上がり、
まさに野郎旅って感じだったよね!

ウインド仲間のオデッセイさんから、
天塩〜稚内までは、景色の良い抜海経由で行くといいよって言われてたので、
天塩で左折。
真っ暗なので良く見えないけど、直ぐ左は海なんだな。
ウインド乗りにはもってこいのサイドでガッチリ吹いてたよ。
オデさん達は ここで乗ってるのね~!

しばらく走ると 右側で大きな羽がたくさん回ってる!
風力発電の風車でした。
P4111597.JPG
道沿いに ずら〜っと。 何基くらいあるの?

走ってるうちに 少しずつ空が白んできて、

あっ、鹿がいるよ! 

子鹿だな、じゃあ 親も近くにいるんじゃない?!

うわ〜、いっぱいいるよ~!!!

P4111606.JPG
暗いし、動いてるしで 綺麗に撮れないッス。

20頭くらいの群れが あっちにもこっちにも!
抜海鹿地帯でした。

稚内に程近くなったところに ノシャップ岬の看板発見。
折角だから寄って行こうか。

ん? なんだあれ?

P4111626.JPG
カスベ? エイヒレ?
ちょっとグロいけど、きっと旨いんだよね~!

ノシャップ岬 着~!
P4111629.JPG
ドン吹き~! ヨンゼロ オーバー!
しっかりつかまってないと飛ばされちゃうよ~!(笑

無事 稚内着。小樽から5時間チョイですかね。

稚内でも かなり強風だったので、フェリー出るのかな~なんて思ったけど、
なんのこた~ない、全然通常運行ですと。
P4111631.JPG
でも、うねり4mだってさ。

いよいよ、渡りますよ~!
P4111632.JPG

利尻まで1時間50分の船旅~!

行ってくるぜ~!

P4111637.JPG

フェリーの中では、体力温存の為 仮眠。 (笑

でも うとうとしてる間に到着~!

P4111640.JPG

うぉ〜、利尻富士~!
風も強烈だ~! 
ウインドなら 結構良いコンディション?!

降り場で、328さん お出迎え。
早速 ワゴン車に乗ると、前日から入ってたスノボ組と御対面。
知った顔のレオもいるし!
Death Label軍団でした。

早速、ロッジに行き、着替え、山に入る準備をし、
ワゴン車で山に向かう。

向かってる途中から ポツリ ポツリと雨。
いや、参ったな~。

とりあえず、ベースとなるポイントへ。
移動は、Rishiri Crowことヒロキさんのスノーモービルです。
1回に2人ずつなので、都合4往復。

ベースに着いたものの、超強風+雨+ガスで周りは全く見えず。
ある意味ホワイトアウト。
雨でベチャベチャ&寒いなか、
天候回復を待つも この日は無理と判断。
メンバーの1人が持っていた"ホワイトアウトカレーヌードル"を
みんなで回し食いして、撤退。

イキナリの洗礼を受けたけど、自然相手だから しゃーないよね。

観光がてら島を1周して、ちょっと遅い昼飯を食い、温泉で暖まって、Death Label軍団はフェリーにて帰途へ。

残った我々は、島の居酒屋さんで晩飯を喰らい、
ロッジに戻って 明日への期待に胸を膨らますのであった。(笑

P4111648.JPG
薪ストーブの周りに、濡れたグローブやら インナーやらを干して(笑
でも、良い感じでしょ! 山小屋風で。

ふと見ると、

P4111642.JPG
328さんと トモヒロが ワックス塗ってるし!

今日 雨降って冷えてるので、多分明日は、締まったザク雪。
んで、急斜面滑るのにワックス?!
塗らなくても 板 走るよ~!

で、ワックス終わったと思ったら、

P4111651.JPG

P4111653.JPG

P4111656.JPG
映像クリエーター328さん カメラのチェック!

いや、このオトコ 本物だわ!
オレなんて 半分ビビッてるのに。

そんなこんなで夜は更けていき、
あれっ、Kenちゃんは?

P4111665.JPG
ZZZZZZZ~~~~~~~~。

雨が上がり、窓の外を見ると、礼文島の明かりが見える。

外に出て、空を見上げると、

おおおおおお〜〜〜〜〜〜!!!!!!

満天の星空~!

普段見えない星もた~くさん見えるし、
普段見えてる星もスンゲ〜明るい!!!
しかも 端から端までビッシリ!

まるで 宇宙そのものを見てるような。

地球って ホントに宇宙の中にあるんだな~!

とっても神秘的な感動でした。


これが1日目。
長すぎるよね。

2日目は 神の懐で遊ばせてもらう編 デス!
乞う御期待!

posted by エスロー at 19:48| Comment(4) | pleasure

2012年04月08日

余市岳!

来週 水&木の利尻岳チャレンジに向けた予行練習(笑 って事で、
キロロ山頂からアクセス出来る余市岳に行ってきました~!

余市岳.jpg
*余市岳 1.488m。 ネットから拝借。

下界は晴れていたのに、キロロにあがる途中から雪! まだ降ってるのかよ!
朝一ゴンドラに並び、 まずは A2Cに飛び込むもイマイチ。
ここでトッチさんがグランドラインをチョッカリに行って、
残った我々はレンツーを攻めに! 
レンツーはまずますでした!

9:30頃、そろそろ登りますか!って事で準備。
10:00 登り開始。 既に数パーティーが出発済みなのでラッセルなし。

初めてのトレッカー&シール歩行。
普段ではありえない、"斜面を真っ直ぐ登っていける事に感動!!!"
しかし、歩き方を含め前後バランスの取り方を試行錯誤。案外疲れる。

前半は、飛行場と呼ばれるなだらかなエリアを1時間くらい?
風が強い!

尾根に取り付いてからは結構急斜面&強風。
先行の人達はシールのまま、ジグザクに登ってます。

で、少し登ったとこでトラブル発生!
トレッカーがビンディングから外れてしまいます、何度やっても!
ネジが締まりきってなくて、ソールサイズより少し縮んでしまったらしい。
チーン。

作戦変更(笑
スノーシューで行きましょう!
*昨日 トッチさんから借りてて良かった~! トッチさん アザ~ス!

トレッカーをリュックにしまい、板をリュックに取り付け、シューを履き、
リュックを担いでみたら、すんげ〜重い!!! なまら重い!!!
アイゼンやらショベルやら フル装備に近いもんね、重くて当たり前だわ。

1歩 1歩 登りました!

で、山頂手前の滑り出しポイント着。
12時頃?

先行パーティーの人達は、み〜んな南斜面に降りて行ったらしく、
南斜面はギタギタ! 滑る意味ね〜し。

で、我々は 北斜面を滑ることに決定!
滑る準備ッス。

滑る準備!.JPG

で、滑りました! 

いつも キロロ山頂から 憧れの眼差しで見ていた 余市岳 北斜面!
しかも ノートラック!!!

*1枚目の写真のほぼ真ん中の抜けてるラインです。

北斜面!.JPG

下から見るとそうでもないけど、結構斜度ありますよ!
滑ると1分くらいですかね。

さいとと親子.JPG
自分達の落としたラインを見つめる"さいとと親子"

安いさん.JPG
全く疲れをみせない安井さん!

滑り出して直ぐに、
登りで疲れた太腿が悲鳴をあげてしまい、
いつものようにアグレッシブに攻めきれなかったエスロー。
オレ!.JPG
ココロなしか うつむき加減デス…。

登り2時間と いつも見ていた斜面、ナメてました。

今日の教訓:
@ギヤのメンテ&チェックは入念に!
A荷物は極力軽く!
Bペース配分に留意せよ!

エスローの身体を包んでくれてるPatagoniaのウェアは完璧でした!
身体が暖かくなった時は、脇の下や太腿横のジッパーを開けて厚さを逃がし、
強風の中で被ってたフードも、2箇所の調節コードを引いて視界を確保出来ました。

さて、余市岳のリベンジ いつにしようかな~!(笑

エスロー.JPG

お〜っと、その前に、利尻岳ですか!!!

水曜日 曇り後雨
木曜日 暴風雪

こんな天気予報でてますが、なにか。

大丈夫か、エスロー!?
posted by エスロー at 19:58| Comment(4) | other