2008年03月27日

こんな浮き玉は?

P3260894.JPG先日、道北の漁師さんから問い合わせを受けました。"ラメのようにキラキラ輝く浮き玉を作ってくれないか"と。サイズは2寸5分。一瞬??と思ったが直ぐにピーンときましたァ〜! そうです、タコ漁です!! NHKドラマ"雪明りの街"の中でもそんなシーンがありましたね。"海の中でキラッと光るガラス浮き玉にタコが寄ってくるんだ"って。 
今まで作った事ないけど、うちは浮き玉屋ですし、工場再開後、初の漁業向けという事で、ヤル事に決定! もちろんですね。
仲の良い同業者や取引先・工業試験場からアドバイスを頂く。
吹きガラスで使える素材でラメのような輝きが出るものは?
答え:雲母orラスター。
先ずは、"ラメのように"という事なので雲母を使ってみました。(雲母は山口雲母様よりサンプル提供。ありがとうございました) 出来は、まぁ〜こんな感じかな。ラメラメでちょっとゴージャスな浮き玉ですね〜。→漁師さんに送付→結果×。もっと全体に光るように!との事。 そっか〜、全体に光るようにか。→作戦変更しラスターパウダー(色と輝きの両方をだせる粉)使用。(サンプル不可。5色分で¥1.5諭吉也) 出来は、ちょっと輝きにムラがあるものの全体的に輝いてるぞ。→漁師さんに送付→結果×、まだ輝きが弱いとの事。 "くぅ〜、じゃあラスターの液体を吹くしかないな。"臭いもキツイし、塩化スズが人体に有害らしい。でも、やるっきゃない!  ラスター液はドイツからの輸入しかなく納期3〜4週間。間に合わないので地元の某グラススタジオにお願いし、少量分けて頂きました。(ありがとうございます!)
で、出来上がったのが写真の"輝く浮き玉タコ漁バージョン"。 何だかクリスマスにも使えそうな・・・。
本日、漁師さん宛に発送しました。明日結果発表。
OKが出るのか! 試行錯誤はまだまだ続くのか! 乞うご期待!
posted by エスロー at 00:55| Comment(13) | TrackBack(0) | glass
この記事へのコメント
これでも十分綺麗だと思いますけどアートとしてではなく浮き球本来の用途ですもんね。
でもオブジェとしても良いと思います。
これでキャンドル入れたらまた幻想的な画になりそうですよね。

しかし職人として奮闘してるんですね〜。
こうして更に巧みになって行くんでしょうね。
Posted by ただ at 2008年03月27日 18:19
esloさん、ごぶさたです。

がんばってますねー(^。^)

あたらしく? 光る浮き球ですか・・・

すごくきれいそうですが、人体にも影響しそうなので気をつけてくださいねー
Posted by たくみ at 2008年03月27日 19:10
すご〜〜〜い☆
どんどん極めていくのでございますね〜〜☆
やっぱり思ったとおり、esloさんは職人さんですね〜〜☆
研究は宝です。。。
頑張ってね〜〜〜!!
Posted by 優桃 at 2008年03月27日 20:16
オォ〜、沢山のコメありがとうございます!

>タダッチ
うん、案外綺麗な輝きだね〜、チト派手だけど。こんなのは全然序の口。もっともっと腕を磨かなければ!

>たくみさん
初コメどーもデス!
まだまだ入口ですけど、職人の世界は奥が深〜いデス。たくみさんも職人だよね! (ウインド? メ○クァップ?) また遊びに来てね〜!

>優桃ちゃん
研究は宝! いい言葉だね〜!
肝に銘じておきます!
ありがと〜!
Posted by がらすやエスロー at 2008年03月27日 22:58
ラスターですか・・・きれいですねぇ〜!

そういえば、ずいぶん前に、タコ漁の漁師さんからの求めに応じて北洋ガラスがカラフルな玉でスネークスキン状の表面になるヤツを売り出したようですが、やはり値段が高く、それほど漁の成果が上がらず・・・結局はやめてしまったようです。

このきれいな玉にミズダコが飛びついてくれるとうれしいですねぇ〜!

ちなみにこの玉、一つおいくらですか?
Posted by Shige at 2008年03月29日 23:32
Shigeさん
コメントありがとうございます!
流石、浮き玉の事は良くご存知ですね〜。
漁師さんには、光の届かない深いところでも光るようにと、夜光の浮き玉を作ってくれと頼まれました。
出来るんでしょうかね〜?
時間見てやってみます。

ちなみにラスター浮き玉は1個¥800位です。
Posted by がらすやエスロー at 2008年03月31日 18:06
始めまして〜(^^♪
東京でサンドブラストの工房兼ショップをやっているやまきです。
以前から実家のある岩手・大船渡から
使用済みの浮き玉を取り寄せて
看板・表札代わりや結婚式のウェルカムボード(ボール)に加工しています。
この光る浮き玉に興味あります。
また値段も手ごろですよね。
これって・・・穴があいてる状態のものもありますか?
キャンドルを入れたらどうなるか?
何だか妄想が膨らんでしまいます。
この浮き玉は特注品ですか?
その場合の最小単位てどのくらいでしょうか?

質問ばかりですみません。
Posted by やまき at 2008年03月31日 22:07
やまきさん
ようこそ〜!
ブログ拝見しました。
浮き玉に色んなデザインでサンドブラストしてるんですね〜。
うちでも贈り物にいいな〜って思ってるんですが、中々そこまで手が回らないんですよね〜。
光る浮き玉に興味がおありとの事。
写真のは2寸5分のへそ付ですが、
他のサイズや穴開きも出来ます。
最小ロッドの設定はありません。
ご希望の内容をメールでお問合せ下さい。
お見積りさせて頂きます。
Posted by がらすやエスロー at 2008年04月01日 23:10
こんにちは。

以前からいつも拝見していたので、コメントが初めてだったかどうかわからなくなってしまいましたが、はじめまして・・・

伊達市のSolusと申します。

これは“消えないシャボン玉”だなって思いました。 ^−^)

綺麗ですね〜

さて、結果はどうだったのでしょう?

万が一漁師さん×でも一般の皆さんからニーズが有りそうですね。

私も欲しいです。

そちらへ行けば実物は見ることが出来ますか?

Posted by Solus at 2008年04月10日 08:33
>Solusさん
はじめまして!

消えないシャボン玉ですか〜。
言われてみれば、そうですね〜!

漁師さんは使ってみるとの事でした。タコが沢山獲れるといいですね。
うまくいったらタコ漁で流行るかも?

ご希望であればお譲りします!
メールで問い合わせ下さい。
Posted by がらすやエスロー at 2008年04月11日 01:01
大変貴重な技術で・・感服してます。
また小樽生まれで、年間数回訪れてます。
現在釧路にて生活。浮き玉以下ほどでお譲り
願えるか、御知らせ下さればとおもいます。
釧路市
石破
Posted by 石破稔 at 2008年10月19日 13:25
石破 稔様

コメントありがとうございます!
昔ながらの技術を後世に残せればと思い、
日々切磋琢磨に励んでいます。
応援、宜しくお願いします!

浮き玉の価格ですが、
写真のものをご希望でしょうか。
こちらのタイプ(ラスター浮き玉)は1個¥800-です。
何個からでも御注文頂けます。
上記価格の他、振込手数料と送料がお客様のご負担になります。
送料は、数量にもよりますが通常の大きさの荷物であれば道内1律¥640/1梱包です。
その他浮き玉については、弊社ホームページの商品ページをご覧下さい。

また、お問い合わせや御注文の際は当ブログへのコメントではなく、メールでくださいます様お願い致します。

以上、宜しくお願い致します。
Posted by がらすやエスロー at 2008年10月20日 13:48
質問お願いいたします。まだ浮き玉注文できますか?
Posted by 齊藤 at 2017年01月22日 13:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13176115
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック