2008年03月16日

maestro K

KC3A0002.JPG今日は、午前中に注文を頂いているビッグサイズの浮き玉キャンドルのスタンドを作り、午後から我が師匠K氏に会いに行ってきた。
K氏は、うちの2代目のお弟子さん。うちには沢山の職人さんがいたが、その中でもK氏はとても器用で腕の良い職人だった。昔の硝子職人は気性も荒く酒飲みが多かったが、彼は酒もやらず人の悪口も言わない優しい温厚な人で、小柄なヒョロい身体(ルパンの足!)なのに1尺5寸(直径45cm重さ8kg)の特大浮き玉を軽く吹き上げ、水差しや鯉のオブジェなんかも作っていた。
現在84歳。さすがに年のせいか、一般的な話はちょっと?な感じだったけど、硝子や窯の話になるとまるで現役のようなしっかりした会話ができたし、分からない事を教えてくれたりもした。"今度行ったら教えるよ"って、脚元もおぼつかないのに! アタマ下がります! ホント、硝子が人生の全てだったんだな〜。
posted by エスロー at 22:01| Comment(4) | TrackBack(0) | other
この記事へのコメント
職人ですね〜!
素晴らしい!カッコいい!
ボスも80歳になってもK氏の様な職人でいるんですかねぇ?
老いても職人魂に衰えはないんでしょうね。
Posted by ただ at 2008年03月17日 23:58
初めてコメントします。
お元気そうで何よりです!
週末、旭岳に行ってきました。
最高の天気でした。グウ。
雲海でした。イエイ。
旦那達はピークまでハイク。
ありえないほど、暖かったです。
温暖化??
Posted by 河野美紀 at 2008年03月18日 21:34
鯉作ってくれた じっちゃんだ

短時間で凄い手際でしかも上手い!

でも 笑って すぐ壊してしまう

長生きしてくださいね
Posted by KEN at 2008年03月19日 06:25
>タダッチ
カッコいい!? ありがと!
って、オレじゃなくK氏だよな。
今度会ったら伝えます。
オレもああなれるかな〜。
ガンバリマス!

>Mikiさん
初コメありがとうデス!
いきなりフルネームでびっくりシマシタ。
ドンドン遊びに来てクダサイ!
旭岳いいっすね〜。
天気に恵まれたら最高っしょ!
硝子やは、窯に火が入ってると中々遠出はできません。(まだ全然余裕も無いしね)来シーズンに夢を膨らませます!

>KENちゃん
そう!あのじっちゃんだよ!
懐かしい!?
ほんと長生きして欲しいッス!
Posted by eslo at 2008年03月19日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12567900
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック